部屋の寒さ対策 | コツコツ貯金+自分で年金
コツコツ貯金+自分で年金!
 〜節約・副業・投資で自分年金を作ろう!
人生をより楽しく生きる方法の一つはお金についての心配を取り除くことです。
年金や増税等、今後の生活の不安は増えるばかり・・・リタイヤ後の安心を成功と位置付け、今からでもお金の知識を身に付け行動しましょう!

コツコツ貯金+自分で年金 > 部屋の寒さ対策
HOME
まずはじめに
サイトマップ

STEP1(節約)
まずは節約
心構えからはじめよう!
家計簿をつけよう!
出費の多いものから見直し
家賃の見直し
生命保険の見直し
通信費を節約
クレジットカ-ドでお得!
STOP無駄な電気!
水道・ガスの節約
食生活での節約
飲料の節約

ヤフオクでお得!
100円ショップで節約

部屋の寒さ対策
禁煙で節約
ギャンブルは節約の敵

引越しは節約の大チャンス
All About [家計管理]


冬は寒いのは当たり前ですが、私の住んでいる部屋(賃貸コ−ポ)は造りが悪いのか
室内でも寒いです。そういう訳でエアコンを稼動させる時間が長いです。
それでも節約の為設定温度は24度にしてますが・・・

そこで部屋が寒い原因を探しました!(手抜き等 造りが悪い理由意外)
■理由@・・・廻りに建物が少ない為、建物自身に直接風を受ける
建物に直接風を受けることで、建物がより冷やされる。また隙間風が入りやすい。

■理由A・・・角部屋の為、窓が多い

窓のガラスは冷気を室内に通しそのまま下へおりてきます。
そのまま室内をどんどん冷やしてしまいます。そんな窓の数が多い程寒くなるのは当然です。

■理由B・・・窓のサッシの密閉性が低い(冷気が室内に入る)
窓の機密性が低いと言うことは、室内の温めた空気を外に逃がしてしまい易い、
また隙間風が入り易くなる。

■理由C・・・玄関ドアの密閉性が低い(冷気が室内に入る)
理由Bと同じ。

■理由D・・・室内ドアの床側に隙間(冷気が寝室に入る)
理由Bと同じ。


上に書き出した原因を対策し、少しでも暖かい部屋にすることで快適に過ごせて
節約にもなるかを考えてみました!

■対策@・・・窓・玄関ドア・室内ドアの機密性を高くする
この対策はホ−ムセンタ−等で隙間テ−プ(10ミリ、20ミリ巾で厚み10ミリのスポンジ テ−プ)
を買ってきて窓・ドアの隙間が出そうな所にとにかく貼る。

■対策A・・・窓の室内側にプチプチのビニ−ルカーテンを付ける
この対策もホ−ムセンタ−等でお菓子の容器に入っているあのプチプチのビニ−ルシート
を切り売りで窓サイズ+α分買ってきて窓に付ける。
ポイントはサッシとカ−テンの間に付けるとより効果的だと思います。

上記の対策を私の部屋でも試してみました!
効果はものすごく暖かくなった!っと言う訳ではありませんが、
部屋の機密性が高くなったおかげで温まった空気が冷える時間が長くなった実感はあります。
またプチプチカ−テンのおかげで少し寒さが和らいだのは実感できます。

ほんの少しの対策で、ちょっとでも暖かくなり節約できますので、
同じ様に寒い部屋だと感じていれば対策してみて下さい。

本当は2重ガラスの建具や2重サッシにしたり、壁や天井の断熱材を追加するのが
一番効果的ですのでリフォ−ムできる方はしてみてはいかがでしょうか。
部屋も暖かくなって省エネになりランニングコストを考えると長期的にみてお得かもしれっませんよ!

このページの上へ戻る