公的年金制度のしくみ | コツコツ貯金+自分で年金
コツコツ貯金+自分で年金!
 〜節約・副業・投資で自分年金を作ろう!
人生をより楽しく生きる方法の一つはお金についての心配を取り除くことです。
年金や増税等、今後の生活の不安は増えるばかり・・・リタイヤ後の安心を成功と位置付け、今からでもお金の知識を身に付け行動しましょう!

コツコツ貯金+自分で年金 > 公的年金制度のしくみ
HOME
まずはじめに

サイトマップ

STEP6(自分年金)
自分で年金の準備
老後の不安を今から考える

公的年金制度のしくみ


1.年金とは
年金とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことであり、制度の運営手法によって、
公的年金私的年金に分類されます。年金という言葉をよく耳にしますが、国の機関が運営する『国民年金』や『厚生年金』、『共済年金』、一般の保険会社等が行っている『年金保険』などまとめて年金と呼ばれます。


2.公的年金制度のしくみ
公的年金には大きく分けて3種類の年金があり、それぞれ自営業やサラリーマン、公務員などによって入る年金制度が異なります。


3階

厚生年金基金 職域相当部分 なし

2階


国民年金基金 A厚生年金 B共済年金

1階

@国民年金(基礎年金)
加入者 自営業者
20歳以上の学生
など

(第1号被保険者)

サラリーマン

(第2号被保険者)

公務員

(第2号被保険者)
サラリーマン等の被扶養配偶者
〔専業主婦など〕
(第3号被保険者)

日本の年金制度は、国民年金からは、すべての国民に共通する基礎年金が支給され、厚生年金や共済年金からは、基礎年金に上乗せする報酬比例の年金が支給されるという、二階建ての年金給付のしくみをとっています。

 ・ 国民年金 (基礎年金)
 ・ 厚生年金 (基礎年金に上乗せ)
 ・ 共済年金 (基礎年金に上乗せ)


(国民年金は基礎年金を支給)
国民年金は、自営業者だけでなく、厚生年金などの被用者年金制度の加入者とその配偶者にも共通する給付として、下記の3種類の基礎年金を支給。
@老齢基礎年金・・・年金受給開始から死ぬまで支払われる年金
A障害基礎年金
・・・けがや病気で障害が残った場合に支払われる年金
B遺族基礎年金・・・年金加入者が死亡した場合、配偶者や子供に支払われる年金

(厚生年金、共済年金は基礎年金に上乗せ)
厚生年金が適用されている事業所に勤めるサラリーマン等は、国民年金と厚生年金の2つの年金制度に加入することになります。
厚生年金から支給される年金は、加入期間とその間の収入の平均に応じて計算される報酬比例の年金となっていて、基礎年金に上乗せするかたちで支給されます。
@老齢基礎年金 + 老齢厚生年金
A障害基礎年金 + 障害厚生年金
B遺族基礎年金 + 遺族厚生年金

このページの上へ戻る