| コツコツ貯金+自分で年金
コツコツ貯金+自分で年金!
 〜節約・副業・投資で自分年金を作ろう!
人生をより楽しく生きる方法の一つはお金についての心配を取り除くことです。
年金や増税等、今後の生活の不安は増えるばかり・・・リタイヤ後の安心を成功と位置付け、今からでもお金の知識を身に付け行動しましょう!

コツコツ貯金+自分で年金 > 
HOME
まずはじめに
サイトマップ

STEP5(投資)
基本的な投資の種類

 +株の基本
中国株
外貨預金
FX(外貨証拠金取引)
 +DMM FX

J−REIT
株関連情報
ネット証券会社選び
 +E*トレード証券
 +松井証券

高配当銘柄
株式売買履歴
マネ−情報
All About [マネープラン入門]
All About [資産運用のノウハウ]



以前の私は金といえばアクセサリ−等で使われている物や、映画等で見た金塊や金貨の高価で豪華な金属という見識しかなく、投資の対象なんて思ったこともありませんでした。 

けれどイラク戦争等で金を投資の対象に思えるようになってきました。なので金の簡単な説明文を掲載したいと思います。


 米国が世界経済を牽引し、ドルは基軸通貨の地位を確立しましたが、対照的に落ち込み傾向にあったのが金です。かつては「有事の金」と言われ、国際的な緊張が高まるたびに急騰しましたが、89年のベルリンの壁崩壊で流れは一変しました→冷戦の終結により、有事そのものの現実味が薄れ、万一の場合でもドルを保有していれば安心ということで「有事のドル」になってしまいました。


 ところがこの新たな流れも2001年9月11日の同時多発テロ事件で変わりました。有事の不安が再び高まり、それにアメリカの双子の赤字により信用は下がり、ドルに偏っていた資金は少しづつユーロや金へとシフトしつつある様です。



【金の特徴】
◎金は「世界の通貨」・・・紙幣と異なり、何事が起ころうとも紙くずにはならない。
◎金を持つ人の多くは値上がり益を目的とした人は少なく、リタ−ンよりも安心感を求める。
◎金は世界中どこでもお金に換えられる。
◎金はインフレに強いとされている。
◎デメリットとしては値上がりはありえるが利息を生まない。

◆歴史的に見ると一般的に株価が下がると、金価格は上がる(株価が上がると金価格は下げる)という傾向がある。ということは金投資は株の値下がりをヘッジできる可能性がある。 [短期的には株価と金価格が同時に上昇することもあるが、中長期的には正反対の動きを示す特性がある。→アメリカでは年金基金にも金をポ−トフォリオに組み込んでいる。]


◆紙幣がただの紙切れになってしまうような事態が起こった時、生きていくために必要な物とは何か?⇒食べ物ですね こんな時、金なら使える可能性があります。 金融機関に預けておくと、倒産の不安もあるし、何かあった時、閉まってしまう恐れもあります。たとえ開店していたとしても、客が殺到して預金を引き出せなくなる可能性もあります。


◆金の価格は2つの見方があります。
  @1トロイオンスあたりで、ドルをべ−スにしたグローバルプライス
  A日本円べ−スの店頭価格(=円高で買うのが有利)



◆◇◆【金投資の種類】◆◇◆

@金地金・・・「インゴッド」、「バ−」と呼ばれる金の塊
         { 5、10、20〜300、500g、1kg }
A金貨・・・純金で鋳造された地金型金貨
         { 1/10〜1/2、1オンス }
B純金積立・・・少ない資金でより効果的に金投資を始めたい人には純金
          積立という方法もある。月々3000円程度から行える金の
          積立商品で一定額ずつ継続的に買うことで、ドル・コスト
          平均法の効果を生かせるメリットがある。


本日の金価格

   ▼金の買い方
   ▼金の売り方

このページの上へ戻る